二級建築士・実践大工のリフォーム成功実践会                              

新着記事
瓦屋根天窓リフォーム(4)
瓦屋根天窓リフォーム リフォームで瓦屋根に天窓を取り付ける方法
瓦屋根天窓?ほんとに付くの?と思いがち。雨仕舞処理しだいでは・・。
瓦屋根天窓リフォーム リフォームで瓦屋根の天窓取付には部屋の天井も壊します。
瓦屋根の天窓を取り付けた場合、部屋の天井も壊します。どんなふうに?
トイレの床が腐る!?(8)
和式トイレの床は腐るのか?和便はとかく床が腐る。しかし、実は土間からの湿気が腐る原因かも?

トイレの床板がふかふかする昔の住宅ではトイレ以外でも二重貼りではなかった。


世界最短!狭いリフォーム現場でもっとも使い回しがいいです。しかもパワフル。1台あればなんにでも応用が効きます。

直貼りフローリング剥がしに、抜群な性能を発揮します。カッター替刃は(大)で使用。エンドはハンマーでたたくことも可能。錆びとりにも応用できます。
マンション断熱リフォーム(7)
マンション断熱工事をしないのか?

マンションの床暖房だけでは意味がない。それはなぜか?

「まだ、ムダ金を使いますか?」床暖房のことですよ。

シックハウスリフォーム(8)
シックハウスの理由とその症状とは?改善策はあるのか

シックハウスの原因は結露とカビ。夏の高温多湿もそのひとつです。

悪質戸建
木造床リフォーム
なぜ、戸建の床下は湿気が多いのか?その対処方法とは?

床下の湿気で一番大切なこと。それは換気です!

マンションの直貼りフローリング(8)
マンション直貼りリフォーム マンションのフローリング
マンションのフローリングは管理組合で決まっています。

マンション直貼りリフォーム マンション遮音等級
 当然でありますが遮音等級でフローリングの値段も変わります!

マンション直貼りリフォーム 釘を使わないの?
 え!フローロング貼るのに釘使わないの?

鉄骨造の床リフォーム(5)
鉄骨造の床リフォーム 置床工法で一番肝心なのは床下のふところですね。
 一番肝心なのは床下のふところ。今は置床工法があります。

鉄骨造の床リフォーム配管工事で勾配を考えるのが排水管です。
 床リフォームで一番やっかいなのが排水管ですよ。とくに結びまでの距離。これが肝心です。

鉄骨造の床リフォーム奇跡の置床下地工法。根太工法ではこうはいかない。
 奇跡の置床下地工法。根太工法ではこうはいかない。

戸建床リフォーム失敗編(4)
戸建床リフォーム失敗編 床を水平にしないからこうなるんです。
せっかくの床リフォーム工事がクレームになり、床暖マットまですべてパー。なんともとほほ・・・。

戸建床リフォーム失敗編 クレームの理由はテーブルを置くと傾くことです。
床の水平を合わせようとすれば、まるで「オーロラ」のよう。

戸建床リフォーム失敗編 古材を再利用するの?しかしその場合にも落とし穴が
どうしても大引き材は再利用すると聞かないので、補強材を施し、束はあたらしい物に替えた。

大規模リフォーム工事
(15)
戸建間仕切りを替えるには、梁補強が必要なの?
 工事の途中からですが、梁補強を行いました。
瓦屋根に天窓を取り付けるには雨仕舞が重要です。
 瓦屋根からでも天窓はつけられる?
戸建大規模改修リフォーム(26)
 リフォームで解体工事って、どんな作業なの?

 鉄骨造のバルコニー解体撤去の方法 

 なぜ?昔の戸建は排水管が土管なのか!

 トイレの配管は勾配が決まっています。その理由とは?

リフォーム工事とは?(7)
なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!

続 なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!

続〃 なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!

サイトの管理人アキラ

サイトタイトルではサイトを立ち上げた理由を紹介しています。

サイトタイトルや進む


無料メルマガ配信中!

あなたはまだ、ムダ

リフォームするつもりですか?

最新メルマガを購読して今までのムダを取戻して下さい!

ムダ金を払いたくない人

ここをクリック!


ノウハウレポートも無料で配布中。レポート希望の方はこちらからどうぞ↓

ノウハウレポート希望


おすすめカテゴリ


尊敬する西岡常一先生の作品。特にすごいのが、「経験という学問」の項。法隆寺の改修で学者と争うとことである。


気を読む-最後の江戸木挽き職人。本を読めば木に対する考え方が変わる作品。

PR パパかっこいい! 家の修繕費がなくなった! 『安全、確実、簡単な家の修理・補修DVD』

PR 住宅見積書完全攻略ガイド

PR 3,200万円の見積りを、1,600万円で新築。リフォームも半額で出来た方法(写真付き)


記事一覧

 ホールダウン金物を新たに設置。道路面からセットバックするため、新しくできる外壁の間仕切りに設置します。
まっすぐとはいかないので途中なんども曲げての配管作業になりました。
昔のべた基礎の後。おおきな屋敷だったなごりですね。配管の邪魔になるのでハツリましたよ。これが一番大変だったかも。
PR 初めての家づくりで、400万円安くなる家づくり発注プログラム
マンション直貼りフローリングの剥がし手間とは?

腐っている木造戸建て土台を取替えるには?

耐震補強金物を木造戸建てリフォームで取り付けるには?

マンションの床鳴りが止まらない人必見!

カテゴリ一覧
・ リフォーム工事とは?
・ トイレや浴室が腐食
・ 瓦屋根天窓リフォーム
・ シックハウスリフォーム
・ ノウハウレポート
・ 大規模リフォーム
・ 戸建大規模リフォーム
・ 戸建床リフォーム失敗
・ 鉄骨造の床リフォーム
・ マンション直貼りリフォーム
・ マンション直貼り際ベニヤ
・ マンション漏水リフォーム
・ マンション間仕切り
・ マンション内装制限
・ マンション直貼り失敗
・ リノベーショントラブル!
・ マンション断熱リフォーム
・ 葉山戸建リフォーム
・ リフォーム成功実践コラム

トイレや浴室が腐食
・ なぜ、トイレの床は腐るの  か?!それには5つ理由があ った!
・ 続 なぜ、トイレの床は腐る のか?!それには5つ理由が あった!
・ 続〃 なぜ、トイレの床は腐 るのか?!
・ トイレの床が腐る。和便では よくあることです。
・ なぜ、トイレの床板がふかふ かするのか?それは二重貼り でないからです。
・ なぜ?在来浴室の柱や土台 は腐るの?柱や土台は補強 しなくていいの?
・ 浴室の柱や土台が腐ってい る場合、取替補強どの程度す ればいいのか?
・ どうして?浴室の土台が腐 っているのに取替、補強をし ないのか?

リフォーム  ノウハウ情報
リフォーム直前 リフォーム明日 外部リフォーム
リフォーム年末 トイレ床
トイレ床腐る トイレ和式
シックハウス シックハウス理由
結露 地震対処 花粉症
電気ムダ PM2.5 断舎利
住む場所 梁補強 瓦屋根天窓 コルクタイル DIYコルクタイル 石膏ボード リフォーム引渡し リフォーム失敗 関電工 オスモカラー クリーニング リフォーム解体 解体搬出 鉄骨バルコニ- 戸建排水 耐震改正前 建築金物 リフォーム坂上 配管勾配 排水掘削 基礎 解体ガラエコ 基礎配筋基礎型枠 コンクリート 基礎レベラー 土台 耐震補強 リフォーム失敗 クレーム 古材失敗 鉄骨床 鉄骨配管勾配 鉄骨置床 鉄骨床高さ 鉄骨床鳴り マンション直貼り 直貼りフロアー リフォーム直貼り 直貼り剥がし手間 剥がし床材 悪質リフォーム 床下湿気

 
← ← ← ←
【期間限定】
5000円相当のレポートを今だけ無料でプレゼント!
メルマガ購入特典として、今なら特別に差し上げます。

リフォーム成功実践法】
なぜ、マンションの洋式トイレの床が腐るのか?
下地と仕上げ材で劇的に変わる方法

 あなたのマンションの洋式トイレの床は次のうちどちらの状態ですか?

 @造りは古いがしっかりしているから危険はない

 

 A造りも古いし「床がなんだか抜けそう」なので危険である


 もしあなたが@の状態なら、今回紹介するレポートの内容はあまり意味がありませんので、

 このレポートではなく他のレポートを探すことをお勧めします。


 しかし、もしあなたがAの状態なら、このままお読みください。

 きっとその理由もわかりあなたのお役に立てると思います。

 
※メールアドレス記入を忘れないで下さい⇒


※ご記入頂いたメールアドレスは、アキラ(メールマガジンの発行者)によってメールマガジン
【リフォーム成功実践法】マガジンID:0001404450に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」
のシステムを利用して配信されています。)登録されたメールマガジンは以下のページから解除することが
できます。http://www.mag2.com/m/0001404450.html
なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。


リフォーム成功実践会サイトマップ>なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!


なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!

■ なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!



 (戸建の和式から洋式トイレリフォーム工事)  

 あなたはおかしいと思ったことはありませんか?
 なぜ、毎日掃除をして綺麗にしているのに床が腐ってくるのか?なぜ、毎日風通しをよくして換気をしているの  にいつも湿った状態なのか?

 実はあなたがどんなに風通しをよくしても、どんなに綺麗にしていても床が腐ってしまうのには
 原因があるからです。

 特にこの状態がひどくなるのは「戸建の和式で床がタイル貼り」のケースです。

 それでは、

  を紹介しましょう。
 
 床が壊れ足が床下に抜けそうになるほど下地が傷み、床の下地は昔の下地と
 してはかなり丈夫な、ヒノキで出来ていたにもかかわらず、大半は粉上に劣化
 してなくなっていた。

 
 床の下地が木製で、その上から薄くモルタルを塗り、平らにならしてタイルを
 張る。30年前の住宅では一般的な施工方法である。


 だがこれだとタイルの割れ目、目地から長い年月の間に少しずつ水が廻り
 やがて下地そのものまで傷んでいくんですよ。


 何度も和式のリフォーム工事を施工してきましたが、今回のケースは中の中。


 床の下地は傷んでいましたが、家そのものを支える柱や土台は傷んでなかった。
 まだ、いい方である。


 トイレだからまだ、水がさほどかかりないが、これが浴室の場合、柱が床から
 部屋の真ん中までない場合や、土台がほとんどない場合などもある。


 それでも全体の壁や軸組で家が倒れる。家そのものがつぶれたりすることは
 ない。


 さすがに前回の震災のときは都心の高円寺、青梅街道沿いの古い住宅が、
 つぶれていたのを思い出したが、そういうケースはまれである。

 
 床が傷んで腐る理由には他にもいろいろ条件がある。


 ここでいくつか例をあげるので考えてみてほしい。自分の家にあてはまる項目
 があるのではないだろうか。


 @ 玄関の土間や浴室の床、家の土間が家の外の土間より低い。


 A 住宅の基礎に換気のための風穴があきらかに足りない。


 B 昔、家の周囲は沼地だった。


 C 家のとなりに大きなマンションがたった。

 
 D トイレの壁や床にカビやカビくさいにおい、湿った状態が続く。

 
 玄関の土間や浴室の床、家の土間が家の外の土間より低い。

 @の場合は、雨がふった時のことを考えてほしい。水というのは、通常、高い
 ところから低いところへ流れる。

 「そんなことはわかっているよ。」と言われそうである。

 
 だが、この場合も例外なく、低い住宅の土間に水がたまりこむ。


 玄関を出て外の道路に出ると道路が土間より高い場合。


 階段になっている場合は要注意だ。


 そのため家を建てる際には、わざと周囲の土間より高くするために、盛り土
 を行い、住宅の土間を高くする。二段から三段くらい上がって玄関に入るのが
 理想である。


 住宅の基礎に換気のための風穴があきらかに足りない。

 Aの場合は、基礎に換気のための風穴があきらかに少ない場合。


 これも昔の家には、たいした決まりがなく、ちょっとむずかしい話になるが
 建築基準法などに該当しない住宅が多かった。


 今は建築基準法施行令 第2章 第22条の二 から抜粋すると


 「外壁の床下部分には、壁の長さ5m以下ごとに、面積300平方cm以上の
 換気孔を設け、これにねずみの侵入を防ぐための設備をすること。」とある。


 ようするに、住宅の基礎には一定の間隔で風穴をつけ、その風穴にはネズミ
 などが入らないよう網などをつけろ。ということである。


 だからといってたくさん換気孔をつければいいというわけでもない。必要以上
 につければ基礎の耐久力もなくなる。向かいあった場所にとりつけなければ、
 風の通りも悪い。


 それと重要なことがある。換気孔の前に物を置くこと。例えば、植木鉢やなに
 かと置物。廻りの住宅を見るとけっこうおいてますよ。


 こういったものは置かないほうが賢明である。


 昔、家の周囲は沼地だった。

 Bの場合には注意が必要。これから住宅を購入しようと考えている人は、
 ぜひ、注意して聞いてほしい。

 Bの場合については、わたしここで上げた5つの例の中で一番、致命傷
 になるほどたいへんなことだと思う。

 
 なぜなら、高い住宅ローンを組みやっとの思いで購入した家の周囲が
 以前、沼地や湿地帯の場合。どうにもならないからである。

 そこで新しくその場所で家を建てるにはどうすればいいのか?

 これから新築を検討されている方の場合、「ボーリング検査」を行う
 ことをお勧めします。

 
 「ボーリング検査ってなに?」なんていう方もいるでしょう。


 ボーリング検査とはこれから建てる住宅の地盤を調べるものです。


 ようするにどれくらい地盤が固い。どの地層までいくと固いのか。
 その地層までは何メートルなのか。などがわかります。

 
 その過程では昔、敷地内のこのあたりに井戸があった形跡がある。とか、
 そんなことまでわかるのです。


 地盤の状態によっては、地盤改良やべた基礎、くい地業も必要だろう。


 ちなみに地盤改良とは、ある一定の深さ地盤を掘りそれに強化系のセメント
 を土と混ぜ合わせ地盤そのものを強固にする方法。


 べた基礎とは、通常住宅の基礎は家の外壁や間仕切りにのみ基礎工事を行い
 その他の土間については基礎工事を行わない場合が多い。


 しかし、すべての土間にも鉄筋を配筋しコンクリートを打つことをべた基礎
 という。こうすることで土間そのものがひとつのコンリートの板になり、


 より、頑丈になるからである。


 あまり例えとしてはよくないがこの間の東北震災でも上物の建物が津波に
 流され、残っているのは基礎のみになっている光景があったが、


 それだけ、昔の基礎と今の基礎は丈夫に基礎工事をおこなっていることが
 おわかりいただけるだろう。


 それと地盤工事で一般的なのはくい地業である。コンクリートのくいや
 鋼管くいなどの杭を住宅の基礎になる場所に一定の間隔で埋め地盤を


 強固にする方法である。昔のくい工事では木製のくいを打っていたことも
 あると聞いたこともあります。


 それだけ昔も今も住宅が傾かないようにいろいろ対策を考えていた。
 ということです。


 それだけ、住宅の周囲が沼地や湿地の場合、住宅を建てる
 業者は神経を使う。


 ここで実際に行ったリフォーム工事から例をあげよう。


 それは都内の板橋区、某○○団地周辺、戸建の住宅で床のリフォーム工事
 を行ったときである。


 そこの住宅は住宅を建ててから三十数年はたったとそこの奥さんと旦那さん
 が言っていた。


 ここを買って引越してきたころは廻りは住宅ラッシュで公団の団地の開発
 が盛んだったようだ。廻りには今ほど住宅はたってなく、以外と閑散として
 いたようだ。


 例にもあげたようにこのあたり一帯は昔田んぼが多く、荒川から水をひいて
 田んぼやれんこんなども栽培していたようです。


 リフォーム工事は最初、キッチンとキッチンの床のみ新しく直す。はずだった
 のだが、キッチンのとなり、二十帖のリビング兼ダイニングの床もリフォーム


 することになってしまったようだ。


 玄関から廊下へ上がるとなぜか、体が傾くような錯覚にとらわれる。
 自分の平行間隔がなくなるような気がした。


 早速、水平を調べるみる。やはりである。部屋のはじからはじまでは、
 およそ九メートルほどある。その高さの違い、なんと15センチ。


 そう、床の高さがはじはじで15センチも違っている。
 キッチンの取り合い部分でさえ5センチ違う。


 リフォームの担当者もここまでは想定しなかったようだ。無論、ここに
 住んでいるご夫婦でさえ気がつかなかったといっていた。


 たしかに、そこに何十年も住めば体もなれ、床が傾いていることなど思わない
 し、最初から傾いていたわけでもないので、気が付かないわけである。


 結局この時は、このまま床の水平を直さないでリフォームすることは、
 このましくないと決まり、ご夫婦も納得したようで工事内容はだいぶ、
 

 追加になったがキッチン・ダイニング・リビングの床はすべて解体し
 すべての下地からやり直すことになった。


 すべてがきれいになった床。それを見てご夫婦は満足されていた。あのまま、
 床の水平を直さず、現在の床の上から新しい床板を貼るリフォーム業者もいる
 
 
 がきっと後になって後悔したり、悔やむことなっていたと思う。


 ここでお勧めな床のリフォーム工事がある。現在の床を下地から解体し、
 すべてを直す場合、床の断熱工事と湿気防止工事をお勧めする。


 この方法を実行すると住宅の土間から上がってくる湿気を防止し尚且つ、
 床そのものも暖かくなるためお勧めする。


 もちろん、それをしらないでリフォーム工事をする業者は五万といるが
 わたしがリフォームする場合には、打ち合わせの段階でそのことを説明する。


 むろん、見積もり金額はコストアップするし、工事の期間もながくなるが
 その住宅に生涯、長く住むことを考えれば、これから先に床をすべて解体し

 
 水平も直し、断熱工事や湿気防止工事を行うことなどないことであるだろう。


 わたしから言わせれば、床の断熱工事を行わずに床暖のマットしき工事を
 行うことは魔法瓶でないぽっとに熱いお湯をいれることと変わらない。


 ようするに絶えず熱が逃げていくため、いつも電気であたためおく必要が
 あるのと変わらない。


 「せっかく床暖をいれたのに、うちはものすごくコストがかかるの。」


 なんて話をよく聞くがそれが上のいい例である。
 

 次のページでは「なぜ、トイレの床は腐るのか?それには5つ理由があった」
 のCから紹介します(^^;



 

 アキラのサイトに来て頂いた方に

 お得な無料レポートをご用意しました。


 どのレポートも内容の濃い、それぞれのリフォームのジャンルの みに特出した
貴重な内容です。


 しかも非売品です。


 アキラが執筆したお得な無料レポートはこちらページから

 無料で差し上げます。




画像つき関連記事

戸建大規模改修リフォーム 
その3 解体工事 搬出編 


ここは昔、浴室だっだ場所。

柱は1.5メートルの高さまでな
くなっていました。
戸建大規模改修リフォーム そ
の5 排水管が土管


完全に40年間以上の建物で
すね。

排水管のすべてが土管。
マンションの断熱工事はどんな
リフォームをすればいいのか?


湿気やカビ、断熱リフォームは、
トイレや洗面所でも考えなくて
ならない場所です。
戸建の基礎が無い。その原因
はオイルショックと耐震改正にあ
ります。


オイルショックでコンクリートが無
かったのでしょう。基礎は縁石で
出来ていました。
耐震補強金物を木造戸建てリ
フォームで取付るには?戸建大
規模改修リフォームその22 
 

耐震補強工事でもっとも大切
な物。それが耐震補強金物で
す。耐震図面通り設置します。
トイレの配管は勾配が決まって
います。その理由とは?戸建大
規模改修リフォームその10


トイレは配管の中でも汚水に当
たります。だから勾配を取らない
と詰まる原因にもなるんですね

アクセスランキング上位関連記事

⇒ リフォーム工事が始まる前にどんな準備をすればいいの?
  リフォーム工事は実際に始まってからでは遅いことが多々あります。

⇒ 外回りのリフォーム工事はいつ行う?
    外回りのリフォームで一番気をつけること。それは天気です。

⇒ リフォームで床材にコルクタイル貼る方法
    コルクタイルでもカビや結露をある程度軽減できる。そのリフォームとは?

⇒ マンション床直貼りフローリングはなんでもいい訳ではない
   マンション直貼りフローリングは、マンションの管理規約により決まっています。それはなぜか?



メルマガ購読・解除
リフォーム成功実践法
読者購読規約
>> バックナンバーpowered byまぐまぐ!