二級建築士・実践大工のリフォーム成功実践会                                             

新着記事
瓦屋根天窓リフォーム(4)
瓦屋根天窓リフォーム リフォームで瓦屋根に天窓を取り付ける方法
瓦屋根天窓?ほんとに付くの?と思いがち。雨仕舞処理しだいでは・・。
瓦屋根天窓リフォーム リフォームで瓦屋根の天窓取付には部屋の天井も壊します。
瓦屋根の天窓を取り付けた場合、部屋の天井も壊します。どんなふうに?
トイレの床が腐る!?(8)
和式トイレの床は腐るのか?和便はとかく床が腐る。しかし、実は土間からの湿気が腐る原因かも?

トイレの床板がふかふかする昔の住宅ではトイレ以外でも二重貼りではなかった。

世界最短!狭いリフォーム現場でもっとも使い回しがいいです。しかもパワフル。1台あればなんにでも応用が効きます。

直貼りフローリング剥がしに、抜群な性能を発揮します。カッター替刃は(大)で使用。エンドはハンマーでたたくことも可能。錆びとりにも応用できます。
マンション断熱リフォーム(7)
マンション断熱工事をしないのか?

マンションの床暖房だけでは意味がない。それはなぜか?

「まだ、ムダ金を使いますか?」床暖房のことですよ。
シックハウスリフォーム(8)
シックハウスの理由とその症状とは?改善策はあるのか

シックハウスの原因は結露とカビ。夏の高温多湿もそのひとつです。
悪質戸建
木造床リフォーム
なぜ、戸建の床下は湿気が多いのか?その対処方法とは?

床下の湿気で一番大切なこと。それは換気です!
マンションの直貼りフローリング(8)
マンション直貼りリフォーム マンションのフローリング
マンションのフローリングは管理組合で決まっています。
マンション直貼りリフォームマンション遮音等級
 当然でありますが遮音等級でフローリングの値段も変わります!
マンション直貼りリフォーム釘を使わないの?
 え!フローロング貼るのに釘使わないの?
鉄骨造の床リフォーム(5)
鉄骨造の床リフォーム 置床工法で一番肝心なのは床下のふところですね。
 一番肝心なのは床下のふところ。今は置床工法があります。
鉄骨造の床リフォーム配管工事で勾配を考えるのが排水管です。
 床リフォームで一番やっかいなのが排水管ですよ。とくに結びまでの距離。これが肝心です。
鉄骨造の床リフォーム奇跡の置床下地工法。根太工法ではこうはいかない。
 奇跡の置床下地工法。根太工法ではこうはいかない。
戸建床リフォーム失敗編(4)
戸建床リフォーム失敗編 床を水平にしないからこうなるんです。
せっかくの床リフォーム工事がクレームになり、床暖マットまですべてパー。なんともとほほ・・・。

戸建床リフォーム失敗編 クレームの理由はテーブルを置くと傾くことです。
床の水平を合わせようとすれば、まるで「オーロラ」のよう。

戸建床リフォーム失敗編 古材を再利用するの?しかしその場合にも落とし穴が
どうしても大引き材は再利用すると聞かないので、補強材を施し、束はあたらしい物に替えた。

大規模リフォーム工事(15)
戸建間仕切りを替えるには、梁補強が必要なの?
 工事の途中からですが、梁補強を行いました。
瓦屋根に天窓を取り付けるには雨仕舞が重要です。
 瓦屋根からでも天窓はつけられる?
戸建大規模改修リフォーム(26)
 リフォームで解体工事って、どんな作業なの?
 鉄骨造のバルコニー解体撤去の方法 
 なぜ?昔の戸建は排水管が土管なのか!
 トイレの配管は勾配が決まっています。その理由とは?
リフォーム工事とは?(7)
なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!

続 なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!

続〃 なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!

サイトの管理人アキラ

サイトタイトルではサイトを立ち上げた理由を紹介しています。

サイトタイトルや進む


無料メルマガ配信中!

あなたはまだ、ムダ

リフォームするつもりですか?

最新メルマガを購読して今までのムダを取戻して下さい!

ムダ金を払いたくない人

ここをクリック!


ノウハウレポートも無料で配布中。レポート希望の方はこちらからどうぞ↓

ノウハウレポート希望


おすすめカテゴリ


尊敬する西岡常一先生の作品。特にすごいのが、「経験という学問」の項。法隆寺の改修で学者と争うとことである。


気を読む-最後の江戸木挽き職人。本を読めば木に対する考え方が変わる作品。

PR パパかっこいい! 家の修繕費がなくなった! 『安全、確実、簡単な家の修理・補修DVD』

PR 住宅見積書完全攻略ガイド

PR 3,200万円の見積りを、1,600万円で新築。リフォームも半額で出来た方法(写真付き)


記事一覧

 ホールダウン金物を新たに設置。道路面からセットバックするため、新しくできる外壁の間仕切りに設置します。
まっすぐとはいかないので途中なんども曲げての配管作業になりました。
昔のべた基礎の後。おおきな屋敷だったなごりですね。配管の邪魔になるのでハツリましたよ。これが一番大変だったかも。
PR 初めての家づくりで、400万円安くなる家づくり発注プログラム
マンション直貼りフローリングの剥がし手間とは?

腐っている木造戸建て土台を取替えるには?

耐震補強金物を木造戸建てリフォームで取り付けるには?

マンションの床鳴りが止まらない人必見!

カテゴリ一覧
・ リフォーム工事とは?
・ トイレや浴室が腐食
・ 瓦屋根天窓リフォーム
・ シックハウスリフォーム
・ ノウハウレポート
・ 大規模リフォーム
・ 戸建大規模リフォーム
・ 戸建床リフォーム失敗
・ 鉄骨造の床リフォーム
・ マンション直貼りリフォーム
・ マンション直貼り際ベニヤ
・ マンション漏水リフォーム
・ マンション間仕切り
・ マンション内装制限
・ マンション直貼り失敗
・ リノベーショントラブル!
・ マンション断熱リフォーム
・ 葉山戸建リフォーム
・ リフォーム成功実践コラム

リフォーム  ノウハウ情報
リフォーム直前 リフォーム明日 外部リフォーム
リフォーム年末 トイレ床
トイレ床腐る トイレ和式
シックハウス シックハウス理由
結露 地震対処 花粉症
電気ムダ PM2.5 断舎利
住む場所 梁補強 瓦屋根天窓 コルクタイル DIYコルクタイル 石膏ボード リフォーム引渡し リフォーム失敗 関電工 オスモカラー クリーニング リフォーム解体 解体搬出 鉄骨バルコニ- 戸建排水 耐震改正前 建築金物 リフォーム坂上 配管勾配 排水掘削 基礎 解体ガラエコ 基礎配筋基礎型枠 コンクリート 基礎レベラー 土台 耐震補強 リフォーム失敗 クレーム 古材失敗 鉄骨床 鉄骨配管勾配 鉄骨置床 鉄骨床高さ 鉄骨床鳴り マンション直貼り 直貼りフロアー リフォーム直貼り 直貼り剥がし手間 剥がし床材 悪質リフォーム 床下湿気

 
リフォーム成功実践会リフォームカテゴリ戸建大規模改修リフォームその7

戸建の基礎が無い。その原因はオイルショックと耐震改正にあります。 


戸建大規模改修リフォーム その7

戸建の基礎が無い。

その原因はオイルショックと耐震改正にあります。  

 ■ オイルショックと耐震改正前。ひどいもんです。



 いやー。書くべきか書かぬべきか迷いましたが。
 やっぱりこれは伝えておかないとと思い。


 がんばって発行します。


 今現在おこなっている大規模戸建改修リフォーム工事のつづきです。
 やっぱり戸建で40年前ほどものは結構いたんでますね。


 本日は解体工事がほとんど終わり、次の段階。
 まずは設備屋さんに先行配管工事を行うはずだったんですが


 どこかの現場で漏水の戸建改修工事がはいったらしく
 それどころではない様子。


 というわけでアキラは現場をあけるわけもいかず
 基礎工事の前に柱の補強工事を行いました。



 そこで耐震改正。


 そう昔の住宅はほとんど耐震についてなど
 こまかい規定はなく関東大震災がおこるまでは


 ほとんど皆無状態。といってもいいほど。


 耐震改正が行われたのが1971年。


 その後の新耐震が1981年


 くわしくはこちらをどうぞ。


 耐震基準
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%90%E9%9C%87%E5%9F%BA%E6%BA%96


 にしてもひどいもんです。


 筋違いは貫だし、柱の大きさは3寸。基礎は無筋コンクリートの
 縁石。最悪です。


(基礎が鉄筋コンクリートどころか無筋コンクリート状態。しかも縁石ですよ、
縁石。道路と歩道の間にあるコンクリートのかたまりです。ここまでひどいのは
さすがのアキラも初めてです。)

 となりにすんでいるだんなさんに話を聞いたところ
 ここをいれてとなり三軒は昔の建売住宅。


 だんなさんは20年ほどまえに新築に建て替えたとのこと。
 やっぱり解体工事のときはひどい状態だったらしい。


 まずは土台ですがほとんどありません。
 どうしてかというと建物の外。


 つまり土台がはいっている高さと外の土間の高さが一緒。
 よって大雨が降ると少しずつ外壁を通し漏水して腐る原因


 になったのでしょう。
 建物の四方を見ましたが全面道路のぞく三方は
 隣の建物と近く、土間の高さは家の土間の高さとほぼ一緒。


(土台どころか柱や外壁のラス下地、すべてがない状態。これも外の土間が
内側より高いため。ほんとのなんにもないんですよ。ちなみ白ありではないですよ。)

 これではあめがふればいずれくさります。
 雨、つまり水は高いところから低いところへ落ちます。


 これをわすれないでいてほしいものです。
 こわいですよ。漏水は。


 どこをどうつたわってくるの必ず。低いところにしわ寄せが
 来ます。


 それと換気口。これも重要です。
 この住宅の場合は土台上ですが換気口がいくつかありました。




(建物の南側はあとから増築したのでしょう。
ここだけは基礎がコンクリートで出来ていました。

写真の奥に換気口、見えますか?
これがあるとないでは、床下の換気が全然違う。)

 それがよかったんですかね。これがあるのとないのとでは
 だいぶ違います。


 床下の風のとおり。重要です。
 よく換気口の廻りを植物でふさいでいる住宅がありますが


 あれ。いけませんよ。
 換気が悪いとそれだけで木材は腐り始めます。


 いますぐにでもチェックしてください。


 それから外の土間の高さ。これも重要です。


 通常なら住宅の基礎は外の土間より立ち上がりがあり
 家の中に雨水が入ってくることなどはないはず。


 しかし、耐震基準前のしかも建売住宅。


 土台はかろうじてのこっていますが、はしらのほとんどは
 腐ってちょっとたたくと、粉々になりました。


(外壁のモルタル、さすがにこれは腐食しないようです。これだけ、この家は
持っていたようです。なにしろこの間の東日本の地震でも倒れなかってのですから。
ね、家って結構強いでしょ。まあ、場所や環境にもよりますが。)

 ようするに壁のモルタルとラス下。きずりでもっている状態です。
 ですが住宅って強いですね。


 3年前の東日本大震災。あえでも倒れることはないんですから。


 とういわけで柱の補強工事はまだまだつづきます。



画像関連記事
間仕切り梁補強に欠かせない
のが墨出しレーザー機。戸建
大規模改修リフォームその23


間仕切り梁補強で水平垂直を
測るのにレーザー隅出し機が大
変便利です。
耐震補強金物を木造戸建てリ
フォームで取付るには?戸建大
規模改修リフォームその22 
 

耐震補強工事でもっとも大切
な物。それが耐震補強金物で
す。耐震図面通り設置します。
大規模リフォームの基礎工事、
はじめました。戸建大規模改修
リフォーム その13


耐震前の戸建。基礎らしい基
礎なかったため、新たに基礎作
り直しました。
なぜ?昔の戸建は排水管が土
管なのか!戸建大規模改修リ
フォームその5


排水管が塩ビ管でなく土管。
土管とは陶器でできている鉢植
えと同じです。これで平気なの
リフォームで!?解体材が山に
なっています。戸建大規模改
修リフォームその3


解体材は壊すと3倍に増えま
す。それを運び出すのがほんと
大変。当然、人力ですよ。
リフォームで基礎の型枠と配筋
検査の方法とは?戸建大規模
改修リフォーム その16


基礎の配筋は間隔も鉄筋の径
も決まっています。それとアンカ
ーボルト。これも重要です

アクセスランキング上位記事

⇒ なぜ、トイレの床は腐るのか?!それには5つ理由があった!
  トイレが水廻りだから、湿気があることはわかっている。しかし、他にも理由があるのか?

⇒ マンションの断熱工事はトータルでしないとダメなんです。
    マンションの断熱リフォームは壁や床、窓サッシまですべてを考えてリフォームする。

⇒ 「騙されてからでは遅いですよ!床下は湿気がおおいんです。」
    戸建の床下は大抵土間。だから湿気が多いのも当たり前。重要なことは換気。ですよ

⇒ マンション床直貼りフローリングはなんでもいい訳ではない
   マンション直貼りフローリングは、マンションの管理規約により決まっています。それはなぜか?


メルマガ購読・解除
リフォーム成功実践法
読者購読規約
>> バックナンバーpowered byまぐまぐ!